妊活サプリ・葉酸サプリ大全

ディアナチュラの葉酸サプリメントは本当に安心して飲めるか調査しました!

ドラッグストアなどで手軽に購入できる「ディアナチュラ」のサプリメントは、ボトルダイプだけでも全30種類とラインナップが豊富で、手に取ったことのある人も多いのではないでしょうか。

大手食品会社であるアサヒグループが製造しているとあって、安全性とコストパフォーマンスの高い商品として若い女性を中心に人気を得ています。

 


ですが、妊活中・妊娠中に飲むサプリメントはいつも以上に添加物や製造過程まで詳しく調べてから購入したいですよね。

そこで今回は、妊活中の女性や妊婦さんが気になる、ディアナチュラ葉酸サプリの成分や安全性について詳しく解説します

 

ディアナチュラ葉酸サプリメントの成分と栄養素

 

ディアナチュラ,葉酸,サプリ,妊活,安全

ディアナチュラの葉酸サプリメントには、ボトルタイプ・パウチタイプ合わせて6種類のラインナップがあります。

それぞれ、妊婦さんの1日の必要摂取量と比べてどのくらいの栄養素が含まれているのか見ていきましょう。

 

ボトルタイプ/葉酸

<1日摂取目安量(1粒)当たり>

  • 葉酸…400µg
  • ビタミンB6…3.0mg
  • ビタミンB12…6.0µg

 

葉酸とビタミンB6・ビタミンB12だけのシンプルなサプリメントです。

厚生労働省では、妊婦さんの1日の葉酸摂取量を400μgとしているので、これ1粒だけで十分な量の葉酸が摂取できます。

つわりを抑えるビタミンB6は1日の必要摂取量が1.4mg、そして貧血を防ぐビタミンB12は1日の必要摂取量が2.8μgなので、それぞれの栄養素が1粒で補えるサプリメントだといえます。

 

ただし、配合されている栄養素の種類が少ないため、妊活・妊娠中に必要な栄養素すべてを1粒で摂りたい人には不向きです。

 

ここ数年は続々と、様々なタイプの妊活サプリ・葉酸サプリが発売されては消え、ということが繰り返されていたように思えますが、makana(マカナ)に...
今月から2人目妊活を始めた私は、この気になるマカナを飲み始めたところです!(※追記:2018年9月、奇跡の2人目自然妊娠が判明!) ...

 

ボトルタイプ/鉄・葉酸

 

ディアナチュラ,鉄,葉酸,妊活サプリ,妊娠

<1日摂取目安量(1粒)当たり>

  • 葉酸…200µg
  • 鉄…12.0mg
  • ビタミンC…80mg

 


こちらは、妊婦さんの貧血予防に必要な鉄と葉酸を配合したサプリメントです

 

厚生労働省では、妊婦の1日の鉄分摂取量を妊娠初期で9.0mg妊娠中期で21.5mgとしているので、配合量は妊娠中期の妊婦さんにとっては、ややもの足りない印象を受けますが、鉄の吸収を助けるビタミンCが配合されているのでまずまずだといえます。

ですが、肝心の葉酸の配合量が、1日の必要摂取量の半分しか摂れないのは残念ですね。本気で葉酸を摂取したい場合は、食事やその他のサプリメントで補う必要があります。



ボトルタイプ/ヘム鉄

 

ディアナチュラ,葉酸サプリ,ヘム鉄,種類,妊娠中,妊活

 

<1日摂取目安量(1粒)当たり>

  • 鉄(ヘム鉄)…3.0mg
  • ビタミンB12…2.0µg
  • 葉酸…200µg

 

体内への吸収率が高いヘム鉄を配合した、複合型のサプリメントです。ヘム鉄は普通の鉄(非ヘム鉄)の5~10倍は吸収されやすいといわれているので、貧血傾向にある妊婦さんは積極的に摂るようにしましょう

 

ですが、こちらも肝心の葉酸の配合量が、1日の必要摂取量の半分となっています。妊活・妊娠のための葉酸サプリを探している人にはもの足りない配合量ですね。

 

パウチタイプ/葉酸

 

葉酸サプリ,ディアナチュラ,危険

<1日摂取目安量(1粒)当たり>

  • 葉酸…480µg
  • ビタミンB12…2.0µg
  • ビタミンC…80mg
  • 鉄…2.5mg

 

こちらは、1日分の葉酸摂取量を400μgを上回っているうえに、ビタミンB12・ビタミンCもバランス良く配合したサプリメントです。

ただし、鉄分に関しては1日の必要摂取量が妊娠初期で9.0mg、妊娠中期で21.5mgなことを考えると、気休め程度に入っているという印象ですね。

 

「妊娠初期~授乳期」までの長期間対応!医師監修の【メルミー葉酸サプリ】

パウチタイプ/ヘム鉄×葉酸+ビタミンB6・B12・C

 

ディアナチュラ,葉酸,サプリ,妊活,妊娠中

 

<1日摂取目安量(2粒)当たり>

  • 鉄…7.0m
  • 葉酸…240µg
  • ビタミンB6…10.0mg
  • ビタミンB12…2.4µg
  • ビタミンC…50mg

 

妊娠中に必要なヘム鉄と葉酸、3種のビタミンがまとめて摂れる手軽さはありますが、やはり葉酸が1日の必要摂取量の半分しか摂れないうえに、鉄分の配合量も少なめです。

これだけで必要な栄養素が摂れるわけではないので、あくまでもサポート役として飲むのが良いでしょう。

 

パウチタイプ/葉酸×鉄・カルシウム

 

ディアナチュラ,葉酸サプリ,妊活,効果

 

<1日摂取目安量(2粒)当たり>

  • 葉酸…480µg
  • ビタミンB1…1.2mg
  • ビタミンB6…1.8mg
  • ビタミンB12…2.4µg
  • ビタミンC…100mg
  • 鉄…15.0mg
  • カルシウム…90mg

 

妊娠・授乳期に必要な葉酸・鉄・ビタミン・カルシウムがまとめて摂れる複合タイプのサプリメントです。

妊娠中は、赤ちゃんにカルシウムを送るためにお母さんの骨から取られてしまうので、意識して摂取する必要があります。ただし、妊娠中の1日のカルシウム摂取量650mgに対して、90mgしか配合されていないのは不十分ですね。

 


ですが葉酸が十分な量を配合しているので、すべてのラインナップのなかでは一番この「葉酸×鉄・カルシウム」がマシといえるかも

 




ディアナチュラ葉酸サプリメントのメリットとは?

 


薬局やドラッグストアで手軽に買える大手の商品はそれだけで魅力的に見えるかと思いますが、上に書いたように、妊活・妊娠中に飲むには、成分の配合に関して問題がありますね

 

ここではディアナチュラ葉酸サプリを妊活・妊娠中に飲むメリットをまとめました。

 

とにかく価格が安い

 

ディアナチュラ,値段,安い,添加物,メリット

 

妊娠初期から授乳中まで毎日サプリメントを飲むとすると、続けやすい価格かどうかは重要ですよね。

ディアナチュラは、気軽に購入できるリーズナブルな価格設定が特徴のサプリメントなので、葉酸のラインナップでは1日あたり約9~33円と、お財布に負担にならずに続けられる価格となっています。

さらに楽天やAmazonなどでは割引になっている時もあるので、まとめ買いをしておけば、つわりで体調の悪い時も店頭に行く必要がなく安心ですね。

 

厚生労働省が推奨するGMP認定工場で作られている

 

GMP認定工場とは、 原材料の受入から製品出荷までの全製造工程において、徹底した安全管理をおこなっていると認定された工場のことです。

私たち消費者からすると当たり前のことのように感じますが、残念ながらサプリメントの製造に関しては、まだまだ法律で取り決めが十分にされていない部分が多く、インターネット通信販売で購入した製品では80品目中78品目に、成分の虚偽などの不適正な表示や広告が見られたという調査結果もあります

 

その点、GMP認定工場で製造されているディアナチュラのサプリメントは、厳しい審査を受けているため、妊婦さんでも安心して飲むことができます。

 

ディアナチュラ葉酸サプリメントのデメリットとは?

 

次にデメリットです。

妊活・妊娠中に控えた方が良い理由を以下に挙げています。

添加物が多い

 

ディアナチュラ,葉酸サプリ,添加物,危険

ディアナチュラの葉酸サプリメントの一番のデメリットは、1粒に配合されている添加物の量が多く、必要な栄養素の量は少なめだということです。

とくに、ボトルタイプ/葉酸に関しては1粒200mgあたり197mgが添加物という、驚きの配合量となっています(-“-)

 

もちろん、添加物といっても厚生労働省にも使用を認められているもので、危険性は低いといえますが、それでも長期間毎日摂った場合はお母さんや赤ちゃんの体にどんな影響があるかは分かりません。

 

例としてボトルタイプ/葉酸に配合されている添加物を挙げると、

 

  • セルロース…錠剤を固める作用がある。
  • マルチトール…甘味料の1種。
  • ステアリン酸Ca…乳化剤。成分を混ぜるために使われる。

 

などがあります。どれも母体や胎児に影響は無いとされていますが、マルチトールは摂りすぎるとお腹が膨れたような感じがする、お腹がゴロゴロするなどの副作用があります。

敏感になりすぎる必要はありませんが、妊娠中の女性はいつも以上にデリケートな状態です。気になるようなら、添加物の配合が少ないサプリメントを選ぶことをオススメします。

↓無添加の人気葉酸サプリならおすすめはコチラ↓



栄養価が低い・バランスが悪い

 

添加物の量が多すぎることとも繋がる部分ですが、ディアナチュラの葉酸サプリメントのラインナップは全体的に栄養価が低いです。

 


もちろん、厚生労働省で推奨されている葉酸摂取量400μgをクリアしている商品もありましたが、その他のカルシウムや鉄分などの、妊婦さんに必要な栄養素が足りていない残念な部分が多く見られましたね

 

他のサプリメントで補うこともできますが、余計な出費がかかってしまう、また複数のサプリメントの併用をするほど余分な添加物を摂ってしまうなどの負担を考えると、始めから1種類で妊婦さんに必要な栄養素が十分に摂れるサプリメントを選ぶほうが良いかもしれません。

 

6年間ものあいだ不妊に悩み、2017年に長男を妊娠・出産(2人目妊活中!→※2018年9月自然妊娠が判明(^^♪)した私。 ...

 

★無添加メルミー葉酸なら妊活~産後まで必要な栄養が摂れます!★

おわりに

 

ディアナチュラの葉酸サプリメントの成分やメリット・デメリット、お分かり頂けたでしょうか?

メリットとして挙げられるのは、ドラッグストアで手軽に購入できる、続けやすいリーズナブルな価格設定、そして豊富なラインナップで自分に必要な栄養素が選べることです。

 


さらに、厚生労働省が推奨するGMP認定工場で製造されているなど、品質管理も安心できますが、配合されている栄養素の量が少ない、バランスが悪いなどのデメリットもあります

 

そして、安全性が認められているとはいえ、1粒のほとんどが添加物で出来ているという点も、健康を気遣う妊婦さんには気になるところではないでしょうか?

 

ママの摂るものはダイレクトに赤ちゃんの健康に影響を与えます。多少値段は高くなっても、充実した栄養価で添加物の少ないサプリメントを選ぶ必要があるかもしれません。

 

★無添加メルミー葉酸なら妊活~産後まで必要な栄養が摂れます★



関連記事

オルビスの葉酸サプリメントの成分と効果は?気になるメリット・デメリットをまとめま...

ネイチャーメイドの葉酸サプリメントは、安いけど成分が残念?徹底的に分析しました!

グミサプリは妊婦さん向け?栄養素や添加物がどれだけ入っているかを詳しく解説!

(おすすめできないけど…)プレミンの効果・メリット/デメリット!

kodakara(コダカラ)妊活効果で卵の質&体質改善!メリット/デメリット・口...

「mereme(メルミー)葉酸」は妊活~授乳期までOKのオールインワンサプリ!口...